読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常。

私の人生のキリトリ。果てしなく、だけどいつかは終わるもの。「日常」。つらつらと書いていきます。

タマシイ

お姉ちゃんにタマシイの話をされたので、

書き留めておこうと思います。笑

 

 

 

 

 

姉「あのさ、この人人生何回目やなってわかる人いーひん?」

 

 

私「???笑」

 

 

 

 

 

 

 

人間はタマシイが最高で10回生まれ変わるそう。

そして、タマシイが生まれ変わるとき、自分では越えられない壁にぶち当たるので、悩みを伴うのである。

その中でも9回目が一番苦しく、それを乗り越えた人のみ、無事10回のタマシイの生まれ変わりが完了するそうです。

そのあとは、どうなると思いますか?

 

 

人間は、森や、海や、空という、自然になるのだそう。

 

 

木々に風が通るとき、心地いいと感じたことはあるでしょう。

キラキラ光る海を見ると癒されて、

爽やかな青い空、優しい夕暮れをみると、ほっとします。

 

 

そんな、人間がどこか惹かれる、

時には偉大なパワーを感じる自然は、

実は苦しみを頑張って越えた人間たちがつくっているのです。

 

 

 

話を聞いた時はよくわからなかったけど、確かに、そうかもしれない。

というか、そう思って見たら、なんか、面白いかも。

 

 

お姉ちゃんの伝えたかったことは、

そんな9回目の苦しみに比べれば、

今の悩みなんてちっぽけなことだということでした、、、

 

 

 

が、私は幼稚 & ネガティブなので!まだそんな風には考えられなくて。笑

 

 

 

誰にとってもその時の悩みは自分にとってすごく大きくて重要な悩みだし、

「そんなことで」という大人にはなりたくないのです。

悩みを聞く時、私はその人のことを理解することを優先するのではなく、その人に寄り添うことに重きを置いています。

そうすれば、他人の悩みではなくなるし、「そんなこと」にはならないのです。

 

 

 

だって、きっと今、

今日バレンタインを渡して告白する女の子は、

どうやって渡すかも、どんな服を着るかも、悩んでいることでしょう。

「そんなこと」じゃ、ないもんね。悩むよね。

 

 

話を戻します。笑

えっと、まあ、今の悩みはまだ大丈夫、一番苦しい悩みじゃない。

という話だったのですが、

同じように何回も何回も悩んで、苦しんだ人だけが生まれ変われるのが、自然だということが、なんか、面白いですよね。

 

 

来世が

お金持ちとか、名声のある人とか、そゆなんじゃなくて、

人間を生かすための居場所になってあげること。

 

 

優しいなあ。そういう風に考えたい。

 

 

10回まで生まれ変われなかった人は、きっと、また人間になるのでしょう。

自然にはなれず、もう一度、悩んで、苦しんで、同じ時に生きた10回目のタマシイさんの空に癒されるのでしょう。

 

 

こんなん考えてたら、もっと深く考えたくなります。

自分は前世、10回生まれ変われなかったから、神様にもう一度やりなおしなさいと言われ、今こうして生きて、悩んでいるのか。

そもそも前世などなく、私はスタートタイプの人間で、だからこんなに不器用で生きづらいのか。

いったい、今何回生まれ変われたのだろうか。

 

 

 

もくもく‥‥‥( ´ ▽ ` )

 

 

 

私の周りにいる人は、みんな、きっと、自然になれます。

だから私も、みんなと一緒に自然になれるように、一生懸命生きなきゃ。

 

 

 

 

あなたは、何回目?